プーマ スエード サンタクルーズ シャーク PUMA SUEDE SANTA CRUZ SHARK 381905-01

381905-01

14,300円(税1,300円)

定価 14,300円(税1,300円)

26cm14,300円(税1,300円)
SOLD OUT
26.5cm14,300円(税1,300円)
SOLD OUT
27cm
27.5cm14,300円(税1,300円)
SOLD OUT
28cm14,300円(税1,300円)
SOLD OUT
size
購入数

【PUMA JAPAN正規品】

■アイテム:PUMA SUEDE SANTA CRUZ SHARK 
■カラー:PUMA BLACK/GREEN FLASH
■型番:381905-01

1968年に原型となるCRACKというスウェード製トレーニングシューズが登場して以後、50年以上の長きにわたって様々なシーンで愛され続けてきたPUMA SUEDE。PUMA SUEDEが現在の形となったのは1979年以後、PUMAの看板プレーヤーで、PUMA CLYDEの着用シグニチャープレーヤーであったウォルト・フレイジャーがPUMAとの契約を離れたところからスタートしています。当時、PUMA SUEDEはPUMA CLYDEの“CLYDE”というプリントを外し展開がスタートした為品名設定もされておらず、単に品番の“90681”というモデル名でカタログ掲載がされていました。その後、“PUMAのSUEDEのシューズ”という呼ばれ方が定着し、その後“PUMA SUEDE”と品名が登録されたのは、1990年代以後となる、、という歴史が存在しています。当モデルはそんな永遠の定番モデルをベースに、スケートボードシーンの大定番ブランドであるSANTA CRUZとのタイアップを実現。SANTA CRUZのアイコニックなロゴの一つであるShark Logoを採用した一足です。1980年代、オーリーと呼ばれるトリックの開発以後、スケーターはバスケットボールシューズのグリップ力とレザー・スウェード素材のアッパー耐久性に目を付け、スケートシューズとして着用するカルチャーが生まれていきました。PUMA SUEDEも同様、数多くのスケーターに愛され、今なおオリンピアンが着用するシューズとしても知られています


size
26cm14,300円(税1,300円)
SOLD OUT
26.5cm14,300円(税1,300円)
SOLD OUT
27cm
27.5cm14,300円(税1,300円)
SOLD OUT
28cm14,300円(税1,300円)
SOLD OUT